御用蕎麦司
本家尾張屋

商品を見る


本家尾張屋は、室町時代後期にあたる寛正六(1465)年、公家の招聘により尾張の国から京都に移り、御所出入りの菓子司として創業しました。「そば」を扱うようになったのは、当時、御所や寺院からの麺類の注文が、菓子司を通して行われるのが通例であったためです。江戸時代に入ると、尾張屋は御用蕎麦司を務めるようになり、宮中へそばを作りに出向くことも多くなりました。こうした経緯を経て、江戸時代中期頃からは「そば」を専門に商うようになりました。



本店/京都市中京区車屋町通
二条下ル
電話(075)231-3446
FAX(075)221-6081