京蒲鉾
茨木屋

商品を見る


明治2年3月5日、明治天皇は京の街を離れ、東京に。この日京都は、歴史上の大きな転換点を迎えていた。その翌日、生魚問屋が並ぶ上魚棚通(現在の椹木町通の堀川以西)の茨木屋で修業を積んだ初代・池内豊治郎は、暖簾分けのかたちで蒲鉾店を創業。屋号は修業先と同じ「茨木屋」と命名され、新しい時代への第一歩を踏み出した。戦後、蒲鉾業界は大きく成長したが、工業製品と化した一般の蒲鉾と違い、茨木屋は京ならではの蒲鉾の味を一貫して追究し続け、製造方法の進歩や素材の質的向上に力を注いでまいりました。
創業以来130余年を経て、尚一層の精進を重ね、次の時代にさらなる蒲鉾づくりを継承していく所存です。


本店/京都市中京区柳馬場押小路角
電話/(075)241-0126
FAX/(075)251-0688
営業時間/午前8時半〜午後5時
定休日/日曜日