京都が好き トップ 商品一覧 京野菜レシピ ヘルプ 精算をする
京の台所

いづう
いづ萬
茨木屋
御すぐき處なり田
くらま辻井
千丸屋
大藤
田中長奈良漬店
土井志ば漬本舗
中村藤吉本店
原了郭
京とうふ藤野
本家尾張屋
本田味噌本店
豆政
村山造酢

京野菜


▼ 商品検索 ▼

キーワード


検索方法の使い方は
こちらをご覧ください


宇治茶

宇治茶の歴史
日本に初めて茶がもたらされたのは、9世紀初頭のこと。この時には一部の貴族や僧侶の中にしか広まりませんでした。

それから四百年、鎌倉時代になり、栄西禅師が宋から抹茶をもたらします。その種をもらい受けた明恵上人は拇尾に茶園を設けましたがそれが近畿地方に広まり、宇治の地にも根付いたのです。

それから宇治茶は千利休の茶の湯の隆盛とともにどんどん栄えていくのです。


おいしいお茶、見分けるコツ

ポイントは4つあります。



1. 見た目(形・色・ツヤ)において煎茶や玉露は丸みがあり細くよれているものがよい。色は黒みがかった深緑色で鮮やかな光沢のあるもの。

2. 香りが高く。

3. 浸出した湯の色は、水色がきれいで沈殿物が少ないもの。

4. 味は、甘みと渋みのバランスのよいもの。



しかし、なによりもまず飲んで確かめることが大切です。


お茶の成分と効能

お茶は千二百年前より「不老長寿の妙薬」「お茶は百薬の長」などと言われてきました。お茶に含まれる成分には、人体に有効なものが豊富です。そのいくつかを、ここでご紹介します。

お茶に含まれる渋みの主成分であるカテキンには、ガン予防・抗ガン作用があることは周知のとおりです。病原性大腸菌O−157ととりざたされたときにも、カテキンに抗菌・抗ウイルス作用があることが証明されました。また、コレステロール増加による動脈硬化に対してコレステロール低下作用があり、成人病の一つ糖尿病の人に対しても血糖降下作用を促します。食後に一服するだけで、虫歯予防効果・口臭の消臭作用があります。

お茶に含まれるビタミン類には老化を防ぐ効果・美肌効果があります。

また、お茶は現代人のかかえるストレス解消にも効果的です。



戻る


商品に関するご質問、お問い合わせはこちらまでtoiawase@love-kyoto.co.jp

当ページに掲載されている情報・画像を、無断で転用・複製する事を禁じます。

Copyright © 2014 HeianWakasyuuza co.,ltd. all rights reserved.

をいしおす−京都の逸品お買い物