京都が好き トップ 商品一覧 京野菜レシピ ヘルプ 精算をする
京の台所

いづう
いづ萬
茨木屋
御すぐき處なり田
くらま辻井
千丸屋
大藤
田中長奈良漬店
土井志ば漬本舗
中村藤吉本店
原了郭
京とうふ藤野
本家尾張屋
本田味噌本店
豆政
村山造酢

京野菜


▼ 商品検索 ▼

キーワード


検索方法の使い方は
こちらをご覧ください



ちょっと豆話

食べてはいけないおとうふ

不思議なことに、ちゃんとした料理の席に出されている豆腐なのに、食べてはいけない豆腐が江戸時代にあったのです。
当時、宴会の席には、ぬた料理がよく出されたそうです。ネギやマグロ、油揚げ、イカなどを酢味噌であえる、おなじみの料理ですね。「ぬた」というのは「沼田」からきているそうで、酢味噌のあのトロリとした感じは、確かに泥をイメージさせます。
このぬた料理、おいしいのですが、名前が泥から来ているだけあって、食べた後、どうしても酢味噌で箸が汚れてしまいます。別の料理に手を付けようとしても、ぬたの味が残った箸で食べるのは嫌だ、かといって、箸をなめては行儀が悪い。
そこで登場するのが器に入った豆腐なのです。
酢味噌で汚れた箸を刺して、ぬぐうためだけの豆腐。西洋料理で出されるフィンガーボールと同じですね。だから料理としてではなく、箸の汚れを取るために出されたものなので、食べてはいけなかったのです。これを「粋」だと思うか、「罰当たり」と思うか、当時豆腐を食べることを禁じられていた農民のことを思うと、考えさせられますね。


戻る

商品に関するご質問、お問い合わせはこちらまでtoiawase@love-kyoto.co.jp

当ページに掲載されている情報・画像を、無断で転用・複製する事を禁じます。

Copyright © 2014 HeianWakasyuuza co.,ltd. all rights reserved.

をいしおす−京都の逸品お買い物